×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京大生の受験術指南
〜受かる勉強法はこれだ〜

お部屋探し応援コーナー
いい部屋の探し方



いい部屋の探し方

以前に、コラム「賃貸契約について」で、あきの賃貸マンション契約失敗談を述べましたが、このコーナーではどうすれば賃貸契約で満足のいく部屋を見つけることができるのか、という具体的な方法論についてあきなりに思うことを書いていきたいと思います。

まず、そもそも人それぞれ満足のいく部屋がさまざまだと思います。例えば、キッチンはいらない寝るだけの部屋が欲しい人。1ルームじゃなくて、もう1部屋ほしい人。料理好きなのでキッチンは充実した部屋がいい人。風呂は銭湯を使うので、風呂なしの安い部屋がいい人。などさまざまです。

とりあえずここでは簡単のため、学生の部屋として最も一般的だと思われる1K(1つの部屋+キッチンのK)の部屋を探すことにしたいと思います。

京都で1Kの部屋だと管理費込みで家賃4万か5万円台が平均的な部屋の相場だと思います。

もちろん払うお金は家賃だけじゃないので、敷金・礼金・更新料などもしっかり確認しなければなりません。まあ敷金礼金それぞれ10万ずつ位が相場なのかなと思います。(礼金は全く返金されないので、なるべく礼金は安いところの方がよいです。)更新料は家賃1ヶ月分のところが良心的です。(なるべく契約更新が2年ごとの所にしましょう。契約更新1年ごとのところだと毎年更新料が発生してしまいます。ちなみに2年契約だからといって、絶対2年間住まなくてはならないというわけではありません。普通に1年半住んで解約ということはできます。)

あと敷金・礼金という言葉じゃなくて、保証金・解約引きなどという言葉で契約している所がありますが、敷金=保証金−解約引き、礼金=解約引きと考えてよいと思います。

契約内容でわからないことがあったら遠慮せずどんどん仲介業者の人に聞くか自分で調べましょう。わからない点を残しておくと、あとあと思わぬ請求をされる可能性があるので危険です。

学生マンション情報誌プレゼント!
<つづく>


[→次の記事へ]

[京大生の受験術指南TOP]