×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京大生の受験術指南
〜受かる勉強法はこれだ〜

コラム
Z会について
京大について
京都について
リスニングについて
勉強スタイルについて
気分転換について
賃貸契約について



Z会について

あきはZ会の通信添削を高校2年のときからやってきました。その当時から評判は良かったので、それに引かれて入会しました。(東大合格者の半数はZ会員とか)

あきがZ会を強く勧めるのはいくつか理由があって、

1.添削してもらえるから、自分の解答が独りよがりにならずにすむ。
2.良い問題が選ばれていて、入試問題に対応できる力が自然につく。
3.なにより、毎月きちんとやるのは自分の責任にかかってくる。

という3つです。


1.について

他のページでも申し上げたように、解答を作るという行為は相手に読んでもらえる文章をつくるという行為ですから、常に読む人(採点者)を意識して書かなくてなりません。そうしたとき、よく陥る失敗として自分ではできたつもりになるということがあります。たしかに自分ではできたと思っていても、それが読む人に伝わる文章でなくては、点数に反映されません。

Z会では、毎月ある通信添削によって解答を他の人に採点してもらえるので、人に読んでもらえる文書をつくる力が自然と身につくのです。

2.について

Z会では、毎年入試の傾向を察知して、問題を作っているので、その年の入試に出そうな問題が選ばれて毎月出題されています。そういう問題に触れるだけでも十分勉強になります。

3.について

結局、やるかやらないかは自分の責任にかかっています。あきはこれが一番重要だと考えています。
自発的にやらなければどんないい塾に通っても、何の力にもなりません。自発的なやる気を持っている人は、いい塾に通わなくてもぐんぐん力が付きます。そういう人のためにZ会はあると思います。つまり、やる気のある人がいい教材を手にしたとき、伸びる力は限りないということです。

どんないい先生についても、自分がやるんだという意志がなければ、何も成し遂げられません。ただ先生についていくだけの人間は、結局何も大きな事を成し遂げることはできません。自分自身と向き合い、自分の中から変わる努力をするとき、はじめて人間は成長できるのだと思います。


とういうわけで、Z会はやる気のある人にとってこの上ない教材だと思います。またやる気の薄い人もいい塾を探すことに腐心するのではなく、Z会をやってみるのもいいのではないかと思います。自分を変えることができるのは、他人ではなく自分しかいないのですから。


以上、えらそうなことをいってすみません。以上のことは自分にいいきかせている言葉でもあります(笑)


Z会の資料請求は↓をクリックです。資料請求は無料ですから、とりあえず送られてくるパンフをみて自分に合っているかどうか検討されてみてはいかがでしょうか。



[←前の記事へ] [→次の記事へ]

[京大生の受験術指南TOP]